オートバックスで車検するなら比較してお得に見積もり予約しよう

シェアして頂けるとブログ更新のヤル気につながります

車検の時期が近くなると、前回車検を受けた業者からハガキやメールなど連絡がきますね。

最も安心できるのはもちろんディーラーですが、2年ごとにかかる車検費用は少しでも安いほうが嬉しいはず。ガソリンスタンドやカーショップなどのほうがディーラーより費用を抑えることが出来るんです。私はここ数回は連続してオートバックスで車検をお願いしています。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

車検費用の内訳

車検費用は、「車検基本料+法定費用」の合計金額で構成されています。

法定費用である自賠責保険料、重量税、印紙代(継続検査手数料)は、業者によって金額の差はありません。

対して車検基本料は、基本的に24ヶ月点検整備・検査代・代行手数料などのこと。こちらの車検基本料は業者によって価格差があるため、ディーラー以外で安く抑えたい場合は比較することが大切です。

消耗品の交換(各種オイル・タイヤなど)や、追加整備が必要になった場合は、もちろん追加料金が掛かります。

オートバックスでも店舗によって価格差がある

友人がオートバックスで働いていて教えてもらったのですが、同じオートバックスでも車検費用にばらつきがあるんです。オートバックスのホームページで、2店舗の車検費用を調べてみました。

最も近いオートバックスA店

最も近い小さなオートバックスの価格を見てみます。

中型自動車(1.0t超1.5t以下)では、定額である法定費用(自賠責保険料・重量税・印紙代)を含めた合計費用は85,430円。店舗によって価格が違う費用(車検基本点検整備料、総合検査・申請代行手数料)だけみると、33,900円です。

大きなオートバックスB店

続いて、近隣の大型店舗オートバックスでの価格も見てみましょう。

中型自動車(1.0t超1.5t以下)では、合計金額が64,530円。店舗によって差がある費用は、総合検査・申請代行手数料が無料で、車検基本点検整備料の13,000円だけ

なんと、さきほどの店舗より合計費用が20,900円も安いんです。大きな金額なので比較しなければ損ですよね。私はこちらの店舗で車検を受けています。

選ぶべきポイントは「早技車検」

店舗を選ぶポイントは、指定整備工場となっている店舗で行っている「早・技車検」なんです。

指定整備工場は別名民間車検場と呼ばれ、陸運支局に代わって車検(検査)を行うことができる工場です。そのため陸運局と同じ検査ラインを自社の工場に持っています。陸運支局に持ち込む手間が省けるので、その分、検査料一律13,000円と安く抑えることが出来るのです。

車検の予約でもお得

オートバックスでの車検の見積依頼は、「楽天車検」からネット予約すると楽天ユーザーならポイントが溜まるのでお得ですよ。

楽天車検

安くてお得な店舗がたくさん。車検の検索・比較と見積もり予約なら楽天車検。車検に関する用語集や、おすすめキャンペーンなどの情報も満載。

オートバックス・エネオス(ドクタードライブ)・アップル車検など、安心安全のブランド加盟店も揃っています。
郵便番号から店舗の簡単検索、事前見積もり、車検実施で楽天スーパーポイント500ポイントが付与されます。車検費用をお得にするには、「楽天車検」で比較してネット予約がおすすめです。
【楽天車検】予約&実施で最大2500ポイント! 郵便番号から検索・比較!

自動車保険を比較して見直し!一括見積もりで節約しよう
6月に車検と自動車保険の更新があるので、お知らせのハガキやメールが次々と届いています。ここ数回、車検はオートバックスにお願いしていた...