秋冬キャンプにはダウンジャケットとダウンパンツで防寒対策

シェアして頂けるとブログ更新のヤル気につながります

前回の焚き火キャンプは10月末にもかかわらず夜はかなりの寒さでした。上半身は防寒バッチリでしたが、下半身を甘く見ていたことを後悔する結果に。

ユニクロのヒートテックタイツ2枚重ね履きにジーンズだったが、寒すぎて足首と膝と腰に使い捨てカイロを貼って何とか凌いだのである。

その経験があったのでダウンパンツの購入を決めました。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

モンベルのスペリオダウンパンツを購入

2015-11-13 13.52.33

ダウンパンツを購入するためにネットで調べてみると、「モンベル スペリオダウンパンツ」と「ナンガ ポータブルダウンパンツ」がダウンパンツの定番らしい。

近くにモンベルのショップがあるので試着してみて、不満があればナンガをネットで購入しようと考えました。

実際にモンベルの店舗で試着してみて、Sサイズがジャストサイズだったこととポケットがあるのでモンベルのダウンパンツに決めたのです。インナー使用なので見た目は気にしません。ダウンパンツの上からジーンズを履くことも可能だったのでモンベルで即決でした。

ウエストはゴムとヒモで調節可能

ホックとフロントジッパーなので着脱が容易である。ウエストはゴムと紐で調節出来きる。

ただしウエストのゴムには伸縮性が少ないのでサイズ選びには注意したほうが良い。サイズが小さすぎるとゴムがあまり伸びないので着用できない恐れがある。

私は焚き火をするためジーンズの下に中間着として着用するのでジャストサイズにしたが、ズボンの上にオーバーパンツとして着用するなら1サイズアップすべきだろう。

足首はゴムで絞ることもできる

メーカーHPには記載されていないのでストレートの形状で裾から冷気が入るのではないかと若干心配に思っていた。しかし、裾に裾幅と同サイズのゴムが通してあり、引っ張って輪っかを作り足首に通すと裾を絞って固定出来るようになっている。なぜ記載しないのだろうか。

両サイドポケットはチャック付き

後ろにはポケットは無いが、両サイドのポケットにはジッパーが付いており物が落ちる心配が無いのはありがたい。

モンベル U.L.ダウンジャケット

2015-11-13 15.59.30

2年前に購入したモンベルのU.L.ダウンジャケット。U.L.ダウンジャケットの名称は現在は「スペリオダウンジャケット」となっています。

中間着としてインナーに着るライトダウンジャケットとしては最適なモデルです。以前は、「モンベル ライトアルパイン ダウンジャケット」も所有していたがロフトが高くモコモコしすぎてミドルレイヤー使用は不向きだったので手放しました。

ライトダウン上下セットで防寒対策は万全

2015-11-13 13.53.59

モンベルの「U.L.ダウンジャケット」と「スペリオダウンパンツ」でインナーダウン上下セットの完成です。(U.L.ダウンジャケットの名称は現在は「スペリオダウンジャケット」となっています。)

キャンプの時の服装はアウターにウールやコットンのジャケットやジーンズを着用し、中間着であるインナーダウンを焚き火で穴があく心配から守ります。

コンパクトに収納できるので持ち運びのときも嵩張りません。

上下ダウンでシュラフの保温性アップ

上下ダウンを着用したままシュラフに入ることで、3シーズン対応の寝袋でも寒さ対策ができますよ。使い捨てカイロを使えばさらに暖かさを得ることができて快適ですね。

寝心地と防寒が大切!選んだ快適なシュラフとマットとは?
寒さ対策にはマットとシュラフが大切です。マットにはいろいろな種類があって、比較してどれを選べばいいのか悩んでいる方も多いはず。私も初...

ノースフェイス アコンカグアダウンジャケット

2015-11-13 16.01.46

ライトダウンジャケットは「ノースフェイス アコンカグアダウンジャケット」も所有していますが、こちらはジップインジップシステムで「ノースフェイス マウンテンジャケット」と連結させています。

ノースフェイスのマウンテンジャケットにインナーダウンを連結して着脱ラクラク
真冬のアウターとして、ノースフェイスの定番ハードシェル「マウンテンジャケット」に、同じくノースフェイスのライトダウンジャケット「アコンカ...

メリット

モンベルのスペリオとの違いは、袖口はベルクロで調節出来ることと、裾をドローコードを絞って外気を遮断できることです。中間着として使う場合は気になりませんが、この2つのメリットによって1枚でアウターとしての着用でも冷気をシャットアウトできます。

注意すること

ロフト高はモンベルのスペリオとライトアルパインダウンジャケットの中間ぐらいあります。ですので、ゆったりとしたマウンテンパーカーぐらいしかアウターを選べません。

まとめ

ジャケットやコートのインナーとしても使えるライトダウンジャケットは、キャンプや旅行での防寒対策としてはもちろん、普段から使用頻度の高いアイテムです。便利なので1着は持っていたいですね。

保温効果の高いダウンパンツもあれば、秋冬キャンプでも防寒対策万全です。シュラフは3シーズン用でも大丈夫。

もしものために使い捨てカイロは十分用意しましょうね。

キャンプ道具を20%オフで購入できるスポーツオーソリティカード
キャンプを趣味にしていると、道具を揃えたり買い換えたりと結構なお金が掛かりますよね。テントやスクリーンタープなど高額なキャンプ用品の購入...