タイヤ付きクーラーボックスは持ちやすさと保冷力が大事!イグルーで間違いなし

シェアして頂けるとブログ更新のヤル気につながります

お花見の季節がやってきましたね。食べ物とビールを持って桜の下で楽しむことが「春のイベント」の王道ではないでしょうか。

お花見に限らず、バーベキューやキャンプ、さらには運動会でも大活躍するのが、食材や飲み物を冷やす「クーラーボックス」です。クーラーボックスにはサイズがいろいろありますが、サイズ選びには注意が必要です。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

1人での持ち運びは40リットルがベストサイズ

大容量のクーラーボックスを選びがちですが、食材や飲み物と氷などを入れると重くて1人では運べなくなります。

60リットルのクーラーボックスを中身パンパンの状態で運んでみてください。重くて1人では運ぶことが出来ません。車から降ろすのが限界です。そこから運んでいくためには、両サイドから2人で持って運ぶことになりますよ。

40リットル程度のサイズが持ち運びに便利です。もちろんハードクーラー。容量が足りなければ更にクーラーを追加するほうが、食材料や人数の応用が利いて便利です。

ソフトクーラーは保冷力が低いので小型のものだけに限ったほうがが無難。

タイヤ付きクーラーボックスが楽チン

1人で運ぶには40リットルが限界と記載しましたが、クーラーボックスにタイヤが付いていると、運搬がもっとラクになります。車を停める駐車場から、バーベキューをする場所まで離れている場合、クーラーに車輪が付いていると、引っ張っていけるのが非常に便利です。

大き目のクーラーボックスはタイヤが付いているものを選ぶべきですね。

砂利道や階段ではタイヤは無意味だが

タイヤ付きをオススメしていますが、階段など段差のある道や、砂利や石がゴロゴロ転がっている悪路では引っ張って行けず、持ち上げて運ばなく手間なりません。そうなると大きすぎるサイズのものは1人では運べなくなってしまうのです。

なので、いくらホイール付きのクーラーボックスでも、大きすぎるサイズはやめた方が無難です。

車輪付きでも取っ手が大切

ホイール付きクーラーボックスは、ハンドルを引っ張ってゴロゴロ転がしながら運搬することが通常です。

しかし、どこでも舗装されたアスファルトばかりではありません。階段や悪路の場合は持ち上げて運ばなければならない。そこで大切なのは、引っ張るハンドルではなく持ち上げるための取っ手なんです。

タイヤ付きクーラーボックスの場合、持ち上げるためのハンドルが重要視されていないことが多いんです。それは引っ張って運ぶことを前提としているから。

クーラーボックスを選ぶときには、見落としがちなので覚えておいて下さいね。

イグルー マックスコールド 40ホイール

上記のことを今までに感じてきて選んだクーラーボックスは「イグルー マックスコールド 40ホイール」。世界で圧倒的なシェアを誇り、アメリカでもナンバーワンシェアを持つイグルー社製。数年使い続けてますが、最高のクーラーボックスですよ。

マックスコールドという名前がついているとおり保冷力がバツグン。分厚いウレタンのおかげで、真夏のキャンプでもキンキンに冷え続けています。2泊程度では氷の追加は必要ありません

2リットルのペットボトルを縦に置ける

2リットルのペットボトルを縦に入れることが出来ることはありがたい。クーラーボックスの中で飲み物がこぼれた経験はありませんか?このクーラーなら縦に入れておけるので、こぼれる心配が無いんです。

それ以外に選ぶなら

「イグルー マックスコールド 40ホイール」に満足しているので、買い替えは考えていません。しかし、もしも現在クーラーボックス選びを検討しているなら、他にも選択肢があるのかと思いホイール付きクーラーボックスを調べてみました。

コールマン ラギッドA/T ホイールクーラー/55QT


サイズが少し大きくなりますが、このクーラーボックスも取っ手の形状が持ちやすそうなので選択肢に入りますね。丈夫な仕様の便利なホイールクーラー。重量が約7.5kgもあるのが悩ましいですが、カラーリングも素敵なのでおすすめです。

あとがき

真夏のアウトドアでの使用を考えて保冷力のあるクーラーボックスを選びましょう。タイヤ付きの持ち運びしやすい40リットル程度のサイズが便利です。容量が足りなければ、15~30リットルの小型ソフトクーラーを追加するのが汎用性が高い組み合わせですね。大きすぎるものは、運搬や車載に苦労します。大きさはほどほどに。

私はコストパフォーマンスの高い「イグルー マックスコールド 40ホイール」を選んで満足しています。

キャンプ初心者は日帰りデイキャンプ装備の道具から購入すべき理由
35度を超える猛暑も終わりを迎え、過ごしやすいキャンプシーズンになってきました。 この季節にキャンプを始めてみようと思ったあな...