「モンベル スペリオダウンジャケット」が便利!ライトダウンは冬の重ね着で大活躍

シェアして頂けるとブログ更新のヤル気につながります

寒い日が続きますが、防寒対策は万全でしょうか?

薄手のライトダウンジャケットが1着あるととっても便利ですよ。アウターの下に着用することで、真冬でも下はロンTだけで大丈夫なくらい非常に暖かいんです。

気温が上がって熱くなっても、小さくまとめてバッグにポイッ。カバンに入れておけば、気温の変化にもすぐに対応。肌寒い季節の必需品になってます。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

モンベル スペリオダウンジャケット

2014年1月に購入したときは「U.L.ダウンジャケット」という名前でしたが、現在は「スペリオダウンジャケット」に変更されていますね。

外観は、ロゴが襟元から左胸に移動したぐらいでほぼ同じ。中綿ダウンも800フィルパワーで同じで、「スペリオダウンジャケット」は後継モデルなんです。

ユニクロのウルトラライトダウンジャケットも持っていましたが、同じ軽量タイプでも暖かさが全く違うのでユニクロは人にあげちゃいました。

ユニクロとアウトドアブランドなのでスペックに違いがあって当然といえば当然ですが、比べると違いがありすぎてビックリしたほど

後悔したくないなら、素直にモンベルにしたほうがいいですよ。

冬用アウターの下に重ね着

ウールのアウターとしてスタジアムジャケットを愛用しています。

スタジアムジャケットの下にダウンジャケットを着ると、その下はロンTとヒートテックだけでマイナスの気温でも大丈夫なんです。

ニットやパーカーだと窮屈すぎてスタジャンを着れなかったのですが、薄いダウンジャケットのおかげでジャストサイズのスタジャンも真冬でも活躍させることができるようになりました。

コートやジャケットの下に1枚ダウンジャケットを挟むと驚きの暖かさになります

ナイロンジャケットのインナーとして

マウンテンパーカー「ノースフェイス マウンテンジャケット」や、ミリタリージャケット「ECWCS パーカー」を愛用していますが、ナイロンジャケットで雨風を防ぎ、下にダウンジャケットを着ることで保温性もバッチリ。

アウトドア用のマウンテンパーカーはインナーの重ね着を組み合わせることでどんな天候にも対応できる万能着。1着は持っておくと便利ですよ。

ノースフェイスのマウンテンジャケットにインナーダウンを連結して着脱ラクラク
真冬のアウターとして、ノースフェイスの定番ハードシェル「マウンテンジャケット」に、同じくノースフェイスのライトダウンジャケット「アコンカ...
迷彩カモフラ柄マウンテンパーカーならミリタリージャケット「ECWCS パーカー」がいいよ
寒い季節はノースフェイスのマウンテンパーカーに薄手のダウンジャケットを連結して着用しています。ですが、大切にしているのであまりハード...

重ね着に使いやすい

ダウンジャケットは「ノースフェイス アコンカグアジャケット」も持ってますが、「モンベル スペリオダウンジャケット」のほうが薄く、普段着ているアウターの下に重ね着するには使いやすいですね。

もちろん、小さく畳んで収納できる袋が付いているので、熱くなったら脱いで小さくまとめてバッグにポイっと便利です。ポケットにはジッパーが付いているので、収納袋は常にポケットの中に忍ばせてます。

首元が気になる方は「スペリオダウン ラウンドネックジャケット」

コートの胸元からダウンジャケットが見えるのが気になる場合は、アウターの襟元と干渉しにくい丸首タイプの「スペリオダウン ラウンドネックジャケット」がおすすめ。
フロントはスナップボタン仕様なので、アウターを上から着用した際にもごわつきにくくなっています。
スナップボタン仕様やポケットにジッパーが無いなど、インナー使用が前提なのでしょうね。

まとめ

アウターの下に薄手のライトダウンジャケットを着るととっても暖かいんです。一度体験すると、ダウンジャケットが手放せなくなりますよ。

ユニクロとアウトドアブランドは全く暖かさが違います。

アウトドアブランドの中ではリーズナブルなモンベル

ユニクロのライトダウンジャケットに6000円も払って後悔するなら、ちょっと奮発して最初からモンベルを買ったほうが買い替えの手間が省けます。だってボクがそうでしたからね。

秋冬キャンプにはモンベルのライトダウンジャケットとダウンパンツで防寒対策はバッチリ
前回の焚き火キャンプは10月末にもかかわらず夜はかなりの寒さでした。上半身は防寒バッチリでしたが、下半身を甘く見ていたことを後悔する結果...