キャンプでの調味料セットは厳選したこの4つのみで最低限なんとかなるよ

シェアして頂けるとブログ更新のヤル気につながります

キャンプのときの調味料は何を持って行きますか?

使うかもしれないを思って持っていくものは、ほとんどの場合使うことはありませんよ。キャンプ道具と同じなんです。本当に必要な物だけ選ぶべきです。

私たちはメニューを決めてキャンプに行くことが少なく、途中のスーパーや道の駅で売っている食材を見てメニューを決めています。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

基本調味料セット

そんな私が常にキャンプ道具として常備している調味料は、厳選された少数精鋭のものはこちら。

味付き塩こしょう

味付けは塩コショウさえあればなんとでもなる。

以前は塩と胡椒を別々に持参していましたが、どうしても単独で使わなければいけないことがありませんでした。なので、バランス良くまとまった「味付き塩コショウ」1本あれば最低限OKなのです。

オリーブオイル

油はサラダオイルではなくオリーブオイル。

オリーブオイルはドレッシング代わりにもなります。パンに付けても野菜にかけても美味しく食べることができるのだ。サラダオイルをパンにかけようとは思わない。

ガーリックパウダー

にんにくをよく使うので、保存しやすいガーリックパウダーが便利。キャンプ用調味料は出来るだけ粉状のものを選んでいますね。

クレイジーソルト

アメリカ・ヨーロッパでは、一流レストランはもちろん、家庭料理にも欠かせないハーブ&スパイス調味料として広く定着している。肉料理、魚介料理、サラダ、卵料理などにひと振りすればたちまち一流シェフの味。

これさえあれば、全ての食材を美味しく食べることが出来る「魔法の調味料」ですよ。

無くても困らない調味料

スーパーで食材を購入するときに、食べたいメニューに必要な食材と一緒に「○○のたれ」「○○の素」を買えば余分な調味料はもっていかなくていい。「味付き鶏モモ肉」など味付きの食材をなるべく選ぶこともポイントです。

持っていっても使うことがほとんど無かった調味料はこちら。

砂糖

砂糖がどうしても必要なことってありますか?コーヒーに入れるぐらいでした。コーヒーはブラック派の私は、砂糖を持っていかなくなりました。今まで何一つ不自由を感じたことがありません。

塩のみを使うことは「魚の塩焼き」しかありませんでした。「塩焼き」でしたら「塩コショウ」や「クレイジーソルト」でも美味しく頂けます。

しょうゆ

どうしても醤油が必要なのは「お刺身」です。「お刺身」は美味しいのですが、オリーブオイルとクレイジーソルトで「カルパッチョ」のほうがビールやウイスキーに合いますよ。

まとめ

キャンプに必ず持参するのは「塩コショウ」「オリーブオイル」「ガーリックパウダー」「クレイジーソルト」の4種類のみ。これさえあれば、どうにでもなります。

「○○のたれ」「○○の素」はスーパーで料理によって買えばいい。味付き食材を選べば調味料は必要ありません。なるべく調味料は減らして、無駄を省いてシンプルなほうが調理もラクですし、荷物も増えません。

現役バーテンダーが選ぶおすすめバーボンウイスキー5選と愛用マグカップ
キャンプにお酒は必需品です。焚き火をしながらお酒を飲むためにキャンプに行っているといっても過言ではありません。 みなさんはキャンプにど...