<COPD記録>1か月ぶり!2回目となる呼吸機能検査の結果は?

シェアして頂けるとブログ更新のヤル気につながります

2週間前からウォーキングを始めました。2.3日に1回は近所を1時間ぐらい歩いて気持ちのいい汗をかいています。呼吸のために有酸素運動を薦められているので、わずかな時間を見つけては少しずつでも続けていきたいと思う。

さて、9月14日にCOPDで通っている呼吸器科クリニックに行ってきました。肺機能検査をしたのでその結果報告から。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

肺機能検査(スパイロメーター)

年齢 42歳

肺活量(VC) 4.30L

%肺活量(%VC) 112.3%

努力性肺活量(FVC) 3.89L

1秒量(FEV1.0)2.60L

1秒率(FEV1.0%) 66.84%

対標準1秒量(%FEV1.0) 77.4%

%肺活量が80%以上、かつ1秒率70%以下なので、閉塞性障害。

1秒率が70%以下、1秒量の正常値に対する割合(対標準1秒量)が50%以上80%未満、CTにより肺気腫が確認されているので閉塞性障害であるCOPDのステージ2(中等症)

検査結果について

前回(8月19日)の検査では、拘束性障害も閉塞性障害もみられる混合型障害だったが、今回の検査では肺活量が戻り、閉塞性障害のみとなっている。肺機能の低下が1ヶ月を超えると戻りにくいらしい。医師も肺活量が増えて安心していた。

1秒量の正常値に対する割合(対標準1秒量:%FEV1)が前回の59.2%から77.4%と大幅に改善していた。痰が絡み気管支の通り道が狭くなっていたのが、薬の効果で気管支が拡張されたり痰が減り、呼吸がしやすくなったので1秒量が増えたことが良かった。

今回の診察はこれで終了らしい。感染症にかかって少しでも調子が悪くなればすぐにでも病院に来るように。

安定しているなら、薬だけの通院でよい。

処方された薬

スピオルトレスピマット28吸入は効果があったのだが、新薬なので投薬期間上限があるらしい。2016年12月解除予定。

しかし、処方されているので期限内なのだろう。

アンブロキソール塩酸塩徐放OD錠45mg「サワイ」

痰のすべりを良くし、痰を出しやすくするお薬です。

1日1回夕食後(1錠)

ネキシウムカプセル20mg

胃・十二指腸潰瘍、逆流性食道炎のお薬です。

1日1回夕食後(1カプセル)

レボフロキサシン錠500mg「ニプロ」

ニューキノロン系の化学療法薬で感染症を治療するお薬です。

1日1回夕食後(1錠)

※感染症にかかったと感じたときに服用する

スピオルトレスピマット28吸入(1キット)

気管支筋の緊張をやわらげ、気道を楽にします。複数の成分が作用します。

1日1回吸入(1回2吸入)

転院して肺機能検査と初めてのCT検査で肺気腫型COPDと診断された
6月に激痛と呼吸困難で、COPDと胸膜炎だと診断されて2ヶ月。禁煙も1ヶ月が経過しました。 吸引薬スピリーバがなくなったので、何一つ満...