ドイツの薬草酒「ウンダーベルク」は二日酔い予防や飲みすぎに効果あり

シェアして頂けるとブログ更新のヤル気につながります

たくさんお酒を飲んだ次の日に二日酔いで苦しんだ事はありませんか?
痛い頭とムカムカした胃でキッチンに行き、胃薬やウコンの力などのドリンク剤を飲んだりしていませんか?

そんな二日酔いの朝を迎えないように、飲んでいるときの最後に飲むお酒があるんです。

ドイツの薬草酒「ウンダーベルク」

わずか20ml入りの小瓶に入ったドイツ生まれの薬草の食後酒。れっきとしたアルコール度数44%のスピリッツです。

天然ハーブの食後酒として世界中で飲まれているウンダーベルク(Underberg)。ハーブの爽快な飲み口と薬草独特の苦味との絶妙なバランスが個性的

そのままストレートやロックで

ウイスキーやテキーラなどをそのまま飲める方は、ストレートやロックで飲んでみてください。
胃薬のような薬草独特の味わいに驚くでしょう。ただし、10人中1人か2人はハマること間違いなし。

コーラ割りでドクターペッパー風味

そのままのストレートではアルコール度数が強すぎて飲めないという方は、コーラで割ってみてください。薬草風味とコーラの甘さとのバランスが絶妙なドクターペッパーのようなカクテルになりますよ。

ジンジャーエールで割るならウィルキンソンで

コーラほど甘さはいらない方にはジンジャーエールがおすすめです。ウンダーベルグのハーブ風味とジンジャーエールのショウガ味が非常にマッチします。
ただし、ジンジャーエールはウィルキンソン社がショウガ風味でもっとも美味しいです。ピリピリとしたジンジャーの刺激を辛いと表現される方もいらっしゃいます。

バーで辛口ジンジャーエールといえばウィルキンソンが常識です

バーでは胃薬替わりに飲まれている

昔からドイツでは、胃腸の調子が悪い時、二日酔い予防に飲まれています。
日本のバーでも知っている方は多いはず。私たちバーテンダーも、調子が悪い時は当然のようにウンダーベルクを飲みます。

アルコール入りソルマックといったらわかりやすいかも。

薬草系リキュールを使ったカクテルがお好きな方にはおすすめです。

スコッチウイスキーはシングルモルトを選べ!バーテンダーが初心者におすすめする9銘柄
スコッチウイスキーは大きく2種類に分けることが出来ることをご存知ですか?ウイスキーに詳しくないとわからないですよね。 その2種類に...