<COPD記録>喉に薄い膜が張っている感じの原因は逆流性食道炎?

COPD
スポンサーリンク

 

COPDの患者さんは年配の方が多いので、闘病を記録したブログが少ないんです。41歳でCOPDと診断された私は、不安でCOPDのことをネットで沢山調べました。

しかし、検索して出てくるのは病院や製薬会社、もしくは医療関係者以外の素人記事ばかり。実際に闘病記としてブログを運営している方はごくわずかでした。

そこで、41歳でステージ2のCOPDと診断されたワタシも、記録としてブログに残していこうと思います。同じ病気で戦っている患者さんのために少しでもなれば幸いです。

 

さて、10月16日に呼吸器内科に行ってきました。今回はCOPD(肺気腫)の通院記録になります。

 

スポンサーリンク

現在の状態

  • 咳は少ない
  • お腹が張って苦しい
  • 喉に薄い膜が張り付いている感じで、声を出しにくい。
  • ブロムヘキシン塩酸塩錠4mg「日医工」は残っている

 

問診

喉やおなかの症状は逆流性食道炎らしい。水分をこまめにとったり、飴を舐めると喉の症状はやわらぐはず。

痰の薬は使い分けてコントロール。

 

処方されたお薬

ネキシウムカプセル20mg

胃・十二指腸潰瘍、逆流性食道炎のお薬です。

1日1回夕食後(1カプセル)

 

スピリーバ2.5μgレスピマット60吸入

気管支が収縮しておこる息切れや息苦しさを予防する吸入薬です。口の中が乾くことがあります。

1日1回吸入(1回2吸入)

 

カルボシステイン錠500mg「サワイ」

痰を出しやすくするお薬です。

1日3回 毎食後(朝:1錠 昼:1錠 夕:1錠)

 

あとがき

通院した翌日から、咳が少し出るようになった。雨が続いてる中、急激に気温が低くなった影響もあるのだろうか?喘息では影響があるみたい。

 

 

今月から週2回ほど、1日10分から15分程度の筋トレを始めました。体幹トレーニングで姿勢がよくなり、減量でお腹の苦しさが少しでもラクになればいいな。

骨盤のゆがみやインナーマッスルの筋力低下により、逆流性食道炎になってしまうという話もあります。気になる方は、ストレッチや筋力トレーニングを一緒に試してみませんか?

 

 

前回の通院記録はこちら

<COPD記録>骨盤の前傾を直すこととダイエットをする事で息苦しさ解消を目指す
8月28日に病院へ行ってきました。今回は時間が無いのでお薬をもらうだけ。 前回の通院のときは肋間神経痛がありましたが、すでに痛みは治まりました。以前よりずっと続いている喉がヒリヒリして詰まっている違和感と、おなかが張って呼吸が苦し...

 

 

 

 

コメント