【シングルバーナー・メンテナンス】吹きこぼれの焦げ汚れをクリーニング

スポンサーリンク

冬が近づき寒くなってきて、多くのキャンパーがシーズンオフに入ったと思います。

キャンプギアを仕舞い込む前に、一度確認してみませんか?汚れやサビを忘れていることが多いんですよね。ボクも毎年やらかします。

今回は、シングルバーナーのメンテナンスです。キャンプで料理中に吹きこぼしてしまったのを忘れていたので、きれいにお掃除してあげることにしました。

スポンサーリンク

SOTO レギュレーターストーブ ST-310

愛用している「SOTO レギュレーターストーブ ST-310」は、気軽に使えるカセットガス用シングルバーナー。4本のゴトクを広げて、カセットボンベを接続するだけ。

カセットガスはコンビニでも売っているから、簡単に買えるのが最大の強み。

吹きこぼれの汚れ

キャンプで料理を作っていると、鍋が思わず吹きこぼれてしまうことってありますよね。

吹きこぼれた汚れが焦げ付いてサビてしまったので、バーナーのお掃除をしてみます。

ピカールでサビ落とし

金属磨きの定番「ピカール」でクリーニング開始

ピカールをつけた綿棒で錆びた部分をこすり落とします。ひたすらゴシゴシ。

最後に、乾いた布で拭くだけ。

クリーニング後

サビや汚れはほとんど落ちてキレイになりました。ホントに簡単で楽チン。

ついでに、バーナーヘッドの煤汚れも歯ブラシで落としておくとイイですね。

最後に

キャンプアイテムは、気がついたときにメンテナンスしてあげましょう。シーズンオフになって仕舞いこんでしまう前にも確認を。

液体研磨剤である金属磨きの定番「ピカール」は、メンテナンスに大活躍。

金属製のポールやテーブルやナイフなどキャンプ道具のお掃除には「ピカール」がぴったりですよ。

コメント

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。