【ピコグリル】100円ショップのダイソーでお手軽定番カスタム【焼き網・ゴトク・灰受け】

スポンサーリンク

キャンプに行く目的が焚き火というキャンパーも多いですよね。ボクもそんな焚き火キャンパーの一人です。

直火禁止のキャンプ場で、地面へのダメージ対策として使われる焚き火台。もはや必須アイテムといっても過言ではありません。ボクも今まで数種類の焚き火台を使ってきましたが、また新しい軽量コンパクトな焚き火台として大人気のピコグリルを購入しました。

ピコグリルを手に入れたら同時にダイソーで購入すべきカスタムアイテムを記事にしてみます。

スポンサーリンク

ピコグリル398

説明の必要がないほど定番となった軽量コンパクトな焚き火台「ピコグリル398」。

今までなぜか購入を避けてきたのですが、ついに陥落しちゃいました。いまさらながらの購入なので、商品レビューは省略させていただきます。

とりあえず「薄くて軽い!」というのが第一印象。

■サイズ:収納時 33.5cm×23.5cm×1cm, 組立時 38.5cm×26cm×24.5cm
■本体重量:約 448g(串・ケースを除く)

■素材:ステンレス
■付属品:Spit(串2本)・収納ケース・日本語説明書

説明書

説明書を保存しておきます。たぶん紛失するでしょうからね。

PG398(ピコグリル398)用火床は単品購入OK

出典:Pikari

ピコグリル正規販売店「Pikari」では、火床・フレーム・スピット(串)が単品で購入できます。

使い込んでもしも火床だけが劣化したり、フレームを踏んで曲げてしまったりしても、単品購入できるのはありがたい。安心してガンガン使い込めますね。

灰受けはダイソーのステンレストレー

ピコグリルは燃焼効率をアップさせるために火床に切り込みがあります。しかし、そのデメリットとして灰が隙間から落ちてしまう可能性も。

そこでおすすめするのが、ダイソーで購入できる「ステンレストレー浅型35×26cm」。これがピコグリルの下に敷くのにピッタリなんですよ。

これが150円ですよ。ピコグリルを手に入れたらぜひとも一緒に購入を。

芝などの地面へのダメージ対策もばっちりですね。

ダイソー スタンド付焼き網

焚き火台があるんだから焼き網も必要ですよね。食材を焼くのにはやっぱり焼き網が便利。

100円ショップのダイソーで購入できる焼き網ももちろん入手済み。鉄製なので錆びるのは仕方がありません。予備も含めて3枚購入しました。

ダイソー スタンド付焼き網

【サイズ】27×20.5×6cm(組み立て時)

【材質】鉄(亜鉛メッキ)

【価格】100円

通常使用時

フレームの上に焼き網を載せます。純正品かと思えるぐらいジャストサイズ。

フレームの先端の突起が網目にはまるので、網がずれることもありません。しっかり固定されます。

焼き網のスタンドを立てても使える

スタンドを立てて火床に置けば火元に近くなり、炭火で焼き肉などをするときに効率的になりますね。

ダイソー 水切りスタンド

純正でスピット(串)がありますが、ゴトクとしてはズレて使いにくいんですよね。

ゴトクの代用品もダイソーにあります。

ダイソー 水切りスタンド

【サイズ】32.8センチ×9.5センチ

【材質】鉄(クロームメッキ)

こちらも双方の突起により安定して使えます。

ダイソー キッチントレー用水切り網

ダイソーで購入できるこちらの水切り網も相性バツグン。

ダイソー キッチントレー用水切り網

【サイズ】24.2センチ×14.2センチ

【材質】鉄(クロームメッキ)

こちらもフレームの突起が網目にうまくはまって安定しています。

2つの水切り網でジャストフィット

上記2種類の水切り網を同時にフレームに乗せると、まさかのぴったりサイズ。

この2枚のコンビネーションもいいですね。

最後に

ピコグリルにぴったりなカスタムアイテムはダイソーで簡単に入手できます。ピコグリルを手に入れたらぜひダイソーへ。100円ショップでお気軽にカスタムしてみませんか?

さて、純正スピット(串)の出番はあるのかな?

コメント

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。