【イスカ ロールペーパーケース】防水生地で雨からトイレットペーパーを守りましょう

スポンサーリンク

登山やキャンプなどのアウトドアではトイレにトイレットペーパーがないこともありますよね。突然「紙がない」ってあわてないように、ティッシュペーパーは必ず忘れてはいけない必需品です。

トイレ以外にも汚れを拭いたりと使う頻度が意外と多いと思います。

ポケットティッシュだと、何個も持っていかないと枚数に不安を感じることも。やっぱりトイレットペーパーという選択肢になりますよね。

ただし、雨や湿気には注意が必要。濡れてしまっては使えなくなります。

今まではロールティッシュをビニール袋に入れていましたが、新しく専用のケースを購入しました。

スポンサーリンク

イスカ ロールペーパーケース

防水性に優れた防水コーティング加工ナイロンを使用し、一般的なロールペーパーの収納、携帯、使用時にも便利なケースです。吊るしての利用も考え、内側は脱落を防ぐ二重構造です。

イエロー・ブラック・インディゴの3色あります。

トイレットペーパーのセット方法

①机などの作業しやすいところにロールペーパーを置きます。

②ロールペーパーケースのゴムを内蔵した内ブタを手で広げ、ロールペーパーに上から被せるようにしてセットします。

③ロールペーパーケースをセットした後に、ロールペーパーの芯を抜き取ります。

④芯を外した中心側からペーパーを引き出して使用します。

使いかけのペーパーがベスト

新品のトイレットペーパーを入れようとしましたがキツくて入れるのに苦労しました。新品はやめときましょう。

少し使って細くなったペーパーを入れるほうがイイですね。

カラビナでもっと便利に

底部にループがあるので、逆さまに吊り下げることができます。逆さまに吊り下げておけば、雨が降っても内部が濡れずに済みますよ。

ループにカラビナをつければ、トイレでもテント内でもどこにでも引っ掛けられて便利です。ロープを通せば首から下げることができてもっと便利に。

最後に

防水性のある素材なので、突然の雨や湿気でトイレットペーパーが濡れて台無しになることを避けられます。

置いて使っても、テント内に吊るしておいても、トイレでは首から下げて使えたりと、とても便利なので買ってよかったキャンプアイテムですね。

コメント

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。