▶Amazonで怪しい業者や中華商品を除外する方法

【スパイダルコ デリカ4】キャンプやアウトドアで使うフォールディングナイフは結局コレに落ち着いた

キャンプでは料理も楽しみのひとつ。調理用の刃物といえばキッチンナイフが当然使いやすい。誰もが知っている当たり前の話。

でもそこはやっぱり男のロマンであるナイフと使いたいですよね。ポケットからサッとナイフを取り出し、大きなハムの塊やサラミをカットする。これが男のあこがれってモンですよね。

だから、ボクにとってフォールディングナイフはキャンプの必需品。

現在最も使用頻度が高いナイフを紹介します。

目次

スパイダルコ デリカ4 フルフラットグラインド

実用ナイフとして評価が高いアメリカのスパイダルコ。サムホールでワンハンド・オープンできるフォールディングナイフとしてお馴染みですよね。この真円状のサムホールはスパイダルコが特許を取得しています。

スウェーデンのエベレスト登頂隊とアメリカのエベレスト登頂隊が、ともにスパイダルコナイフを採用した話は有名。

スパイダルコの中でも、汎用性が高くバランスがいい「デリカ」は最もスタンダードでベストセラーのフォールディングナイフです。

ブレード長さ約7.3cm
刃厚約2.5mm
オープン約18cm
クローズ約10.7cm
ブレード材質VG-10(ステンレス)
ハンドル材質FRN(ザイテル)
ブレード形状フルフラットグラインド
ロック機構ロックバック
重さ約64g
JUN

選んだカラーはグレー。
ブラックよりもオシャレ感ありますよね

手にフィットするサイズ感

ハンドルを握った時のサイズ感がちょうどしっくりくるんです。まさにジャストサイズ。

小指もしっかりハンドルにかかり、力を込めて握ることができますね。

ブレードをハンドルに収納する折り畳み式ナイフの構造上、ブレードが長くなるとハンドルも当然長くなります。

手のひら幅ぐらいのブレード長がちょうどいい。

3インチブレードが使いやすい

人差し指サイズぐらいのブレードのナイフが使いやすい。3インチブレードのナイフが日本人には向いているといわれるのはこの為。3インチは約7.62cm。

デリカは約7.3cmで、実に使いやすい。

EDC(everyday carry)ナイフの傑作。毎日いろいろな場面で使える汎用性が素晴らしい。

料理に向いているフラットグラインド

約2.5mmと薄く癖のないフラットグラインドは、キャンプでの食材カットにも向いています。リンゴやジャガイモが割れずにキレイに切れますよ。

アメリカのスパイダルコだけど日本製

米スパイダルコ社ナイフの中でも、デリカは日本国内の工場で生産されているモデル。関市にある刃物メーカーのG・サカイで製造されています。そのため品質は折り紙付き。

鋼材は日本のVG-10ステンレス。ブレードに「SEKI-CITY JAPAN」と刻印あり。

ワンハンドでオープン

サムホールでオープンするので、手袋をしていてもワンハンドオープンが可能。

この真円状のサムホールはスパイダルコが特許を取得しています。

ロック方式は安心のロックバック

ブレードのロック方法は、スタンダードなロックバック。

しっかりとしたロックでがたつきも無く、確実にロックしてくれるので安心です。

最初はオピネルだった

アウトドアナイフとしておなじみのフランス製ナイフ「オピネル」。素朴でシンプルなナイフで、”最初の一本”としても人気ですよね。ボクもキャンプを始めたときに選んだフォールディングナイフは、オピネルのステンレス製8番でした。

でもね、このオピネルナイフには致命的な欠点があったんです。

それは、木製のハンドルが水にぬれて膨張するとブレードの開閉が困難になること。これにはイライラさせられました。

JUN

今は封筒や段ボールなどの開封用に使っているオピネル。
水に濡らすことを避けてます。

ロマンあふれる バック 110

オピネルの次に選んだのは、全世界にロックバック式フォールディングナイフを広めスポーツナイフの礎を築いた「バックナイフ 110 フォールディングハンター」。”世界で最もコピーされたナイフ”と語り継がれるアウトドアマン憧れのナイフです。通称ワンテン。

これは見た目が完全にタイプです。

ボクにとって特に思い入れがあるキャンプギア。

そんな愛するナイフですが、210gという重さがチョット苦痛。

JUN

今でもたまに使ってますが、ワンテンはやっぱり重いです。

フラットグラインドの オンタリオ ラット1

米軍及び米国政府機関で多く採用されているメーカー、オンタリオ。質実剛健なイメージそのものの実用向けフォールディングナイフです。

このナイフを選んだポイントは、フラットグラインドの癖のない形状のブレード。フラットグラインドは食材カットに向いてるんですよね。

キャンプでも使っていたのですが、4インチフォルダー(ブレード長:約10センチ)であるラット1が大きくてごついと感じてきました。そこで、手になじむ3インチサイズ(ブレード長:約7.5センチ)の「スパイダルコ デリカ」にチェンジ。

JUN

キャンプのバックアップ用。
人に貸したりも。

最後に

実際に使ってみると、デザイン・機能・鋼材・使い勝手の良さなどで定番ナイフになっている理由がわかります。

自宅でもアウトドアでも、ボクにとって最も使用頻度が高いナイフはデリカ。パッと取り出しサッと使える実用ナイフで、機能性・利便性・安全性の全ての点において高い性能を誇っています。

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる