▶Amazonで怪しい業者や中華商品を除外する方法

【テバ ハリケーン XLT2】スポーツサンダルの定番は疲れにくくて歩きやすい

暑い夏になると、スニーカーですら履くのがイヤになることがありますよね。

ボクはビーチサンダルを好んで履いているのですが、長時間歩くと疲れたり痛くなってしまうんです。

だから、よく歩く日やアウトドアではビーチサンダルではなく、スポーツサンダルの「テバ ハリケーン XLT2」を選んで履いています。履き心地がよく歩きやすいのでブログ記事にしてみました。

目次

テバ ハリケーン XLT2

1984年、グランドキャニオンのリバーガイドが水辺でビーチサンダルが脱げないように、足首を固定するアンクルストラップをつけたことから、 Tevaのスポーツサンダルは誕生しました。

その中でも、機能性とデザイン性を兼ね備えた人気の定番スタイルに、ふかふかした履き心地の良さをさらに向上させた「ハリケーン XLT 2」。3ヶ所のストラップでサイズ感を調節できるTEVAの代表的なサンダルです。

ベルクロ仕様でフィット感を調整して歩きやすい

夏のサンダルといえば一番愛用しているビーチサンダルが軽くて履きやすいのでお気に入り。でも、長時間歩くとなると疲れたり痛くなるんですよね。

ベルクロでフィット感を調節できる3点ストラップで足をホールドしてくれて、履き心地もよく、とても歩きやすいのにビックリしました。

軽量でクッション性の高いインソール

ソールがゴツゴツしていて重そうなイメージですが、見た目より軽いんです。重いと疲れるのでこれはよかったポイント。

履いてみるとインソールがフワッとしたクッション性があって履き心地がいい。

かかと部分のパッドで靴擦れ防止

かかとに当たるストラップの内側にはパッドが縫いつけられていて、靴擦れ対策もバッチリ。

正しい履き方

TEVAの公式サイトに「正しい履き方」がありました。

ストラップをすべて外す

めんどくさがらずに、ストラップはすべて外しましょう。

かかとを合わせストラップをとめる

サンダルを履いてかかとを合わせ、かかとのストラップをとめます。

足首のストラップを調節

足首のストラップを調節します。

つま先側のストラップを甲に合わせてとめる

つま先側のストラップを甲に合わせてとめて完成。

次回からは、足首のストラップを1か所のみ調節するだけでOK!

サイズ選び

テヴァの公式サイトにサイズの目安があります。

こちらの商品はやや大きめの作りになっているため、通常ハーフサイズの方が素足で履かれる場合は0.5cm小さめをオススメします。(足の形には個人差がありますので、あくまで目安としてご参照ください。)

【公式サイト】TEVA
JUN

革靴だと25.5センチ、スニーカー26センチ。
こんなボクには25センチでぴったりでした。

最後に

サンダルといえば気軽なビーチサンダルをよく履いていますが、よく歩く日やアウトドアでは「テバ ハリケーン XLT2」を選んでいます。

夏の暑い日のお出かけには、スニーカーですらイヤになることが多いですが、長時間履いても疲れにくいスポーツサンダルを1足持っていると便利ですよ。オススメです。

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる