【ノースフェイス トランゴパーカ】軽さと暖かさを兼ね備えた雨に強い化繊中綿ジャケット

スポンサーリンク

真冬用のダウンジャケットを着るにはまだ早いこの季節。肌寒くなってきたので、中綿入りジャケットを新しく購入しました。

選んだのは、ノースフェイスの化繊中綿ジャケット「トランゴパーカ」。

とても使いやすくてお気に入りの1着となりました。真冬の前ならコレだけでイイとすら感じさせてくれる汎用性の高いアウターです。

スポンサーリンク

ノースフェイス トランゴパーカ

軽さと暖かさ、動きやすさを兼ね備えたインサレーションジャケット。インサレーションとは防寒の為表地の下に中綿が入っていること。

中綿にはダウンと化繊の2種類あります。暖かい中綿ジャケットといえばイメージするのはダウンジャケットですが、ダウンの最大の弱点は「濡れること」。雨で濡れてしまえばそのロフト(かさ高さ)はなくなり、保温性はゼロ。

アウターとしてもインナーとしても万能なライトダウンジャケットよりも雨に強いので、真冬の一歩手前に着れるアウターを探していたボクにとってピッタリだったのが「ノースフェイス トランゴパーカー」でした

身長168センチのボクが購入したのは、ブラックのSサイズ。

保温性が高い

繊維が細く柔らかいポリエステルの蛇腹状の板わた「V-Motion」で、ダウンのようなかさ高とふんわり感を実現。軽量ながらも空気を多くため込み、高い保温性を確保しています。

気温0度のような真冬ではなく、その手前の雪が降らない程度の季節ではちょうどいいですね。インナーにもよりますが、気温でいえば3~10度ぐらい。

ダウンではなく化繊で、この温かさと軽さにはビックリ。

静電気を抑える静電ケア設計も地味にありがたいですね。

多少の雨や霧でも大丈夫

出典:ノースフェイス

生地はほどよくストレッチする薄手のリップストップナイロン。撥水コーティングされているので多少の雨なら大丈夫。

雨にぬれてもダウンのようにペチャンコにはならない化繊なので、どんなときでも使いやすくて安心なんですよね。洗濯のしやすい化繊だから、普段からガンガン洗濯できて気持ちいい。

コンパクトになる収納袋が付属

コンパクトにたたんで収納できるスタッフサックが付いています。バッグに収納しての持ち運びもカンタン。

フロントはダブルファスナー

前のジップはダブルファスナー仕様。上下どちらからでも開け閉め可能なのでスタイリングも自由自在。

左右ポケットはファスナー付き

左右についているポケットはファスナー付きなので、中のものを落とす心配もありません。

内ポケットも左右に2つ

出典:ノースフェイス

内ポケットも左右にひとつずつあります。しかも、どちらもファスナー付き。

ボクは収納袋を入れています。暖かくなって脱いだときには、丸めて収納してバッグにポイっとできるので便利なんですよね。

袖口はゴム

袖口はバインディング仕様のゴムにより冷気をシャットアウト。

裾にはアジャスタードローコード

裾にはアジャスタードローコードが搭載。コードを絞ってフィット感を調整して、冷気や風の侵入を防ぎます。

カラーは4色

出典:ノースフェイス

カラーは4色。

画像は左からブラック・ニュートーブ・ネイビー・サミットゴールド。

サイズ感はゆったり

サイズ(メーカー実寸)

着丈胸囲肩幅袖丈裾囲裾幅
S67113436311426
M69117456511826
L71121466812227
XL73125487012628
XXL75129497213028

サイズテーブル(ヌード寸法)

SMLXLXXL
身長160~170165~175170~180175~185180~190
チェスト84~9288~9692~10096~104100~108
ウエスト70~7874~8278~8682~9086~94
ヒップ86~9490~9894~10298~106102~110

アウター使用を前提とされているからなのか、サイズ感はゆったりめ。インナーにフリースやニットなど着込んでもOK。

168センチ普通体型のボクは、スウェットパーカーを着てSサイズでジャスト。Mサイズでは大きかったですね。

最後に

軽さと暖かさ、動きやすさを兼ね備えた化繊中綿ジャケット「トランゴパーカ」。

雨の日でも気にせず着れて、洗濯もカンタン。気軽に使えて汎用性バツグンなお気に入りアウターとなりました。

コメント

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。