ユニフレームの焚き火台「ファイアグリル」2サイズを重ねて比較!オススメ人数は?

スポンサーリンク

コストパフォーマンスが高く、高評価で評判の焚き火台「ユニフレーム ファイアグリル」。

通常サイズとラージサイズの2種類とも所有しています。実際に使っているからこそ、ちょうどいい使用人数など比較してみました。

サイズで悩んでいる方の参考になれば幸いです。

スポンサーリンク

ユニフレーム ファイアグリル

【サイズ】
使用時:約430×430×330(網高)mm
収納時:約380×380×70mm

【焼き網サイズ】
約35×35cm

【材質】
炉・ロストル:ステンレス鋼
スタンド・焼網:鉄・クロームメッキ

【重量】
約2.7kg

【分散耐荷重】
約20kg

焚き火台とBBQコンロの1台2役

オプション品を追加で購入しなくても、焚き火もバーベキューも楽しめます。キャンプ初心者の方が焚き火台やBBQコンロを探しているなら、間違いなくオススメだと断言できます。
実際、一番人気の焚き火台ですよね。

リーズナブルで高強度

リーズナブルながら、空気を取り入れるためにあえて隙間をあけていて、空気を取り入れるだけではなく、熱による変形を防ぐ工夫で高い耐久性があります。
耐荷重が20キロもあるので、ダッチオーブンやスキレットも安心して使えますね。

組み立て簡単、後片付けも楽ちん

セッティングは、スタンドを開いてツメを上げ、本体をセットしたらロストルを載せるだけ。

本体にハンドルが付属しているので、使用した後の片付けがひっくり返すだけと簡単です。錆びにも強いステンレス製で丈夫。汚れをガシガシ水洗いすることができます。

コンパクト設計

本体の中にスタンド、ロストル、焼き網のすべてのパーツをコンパクトに収納OK。持ち運びの際には厚さわずか7cmになります。

「焚き火用」と「調理用」といった使い分けが便利でオススメで、2台を重ねて収納してもそのサイズはかわりません。

収納ケースは別売り

収納ケースが付属していないのがデメリット
ユニフレームより、専用の「ファイアグリル収納ケース」が販売されています。
口には飛び出しを防止するバックルを装備。2台重ねて収納も可能で、引き裂きにも強く丈夫です。

オプションパーツが豊富

オプションパーツを追加すれば、さらに料理の幅が広がるのも魅力のひとつ。いろいろなオプションパーツが発売されています。

食材のこびりつきが少ない凸凹加工が施された「エンボス鉄板」。焼きそばやパエリアなどを作るのにピッタリ。

置き場に困っていたトングやリフターをスマートに配置できて地味に便利な「FGハンガー」。脚部パイプに差し込むだけの簡単セッティング。

「FGポットハンガー」を使えば、お湯を沸かすポットはもちろん、煮込み料理を可能にする10インチのダッチオーブンも吊すことができますよ。

3人~5人がちょうどいい

2011年に購入してから愛用していますが、ちょうどいい使用人数は3人から5人だと思います。ファミリーキャンプにはベストサイズでしょうね。

ユニフレーム ファイアグリル ラージ

【サイズ】
使用時:約570×570×390(網高)mm
収納時:約485×485×90(高さ)mm

【焼き網サイズ】
約45×45cm

【材質】
炉・ロストル:ステンレス鋼
スタンド・焼き網:鉄・クロームメッキ

【重量】
約5,5kg

【分散耐荷重】
約20kg

5人~8人ならラージサイズ

2015年に購入。

実際に2台を重ねて比較してみました。焼き面積はファイアグリルの約1,6倍。

キャンプで実際にラージサイズを使ってみた結果、焚き火台を囲むのは8人が限度だと感じました。これ以上の人数だと複数台必要になりますね。

最後に

各社からさまざまな焚き火台がリリースされていますが、その中でもユニフレームの「ファイアグリル」は絶大な人気を誇る一品。多くのキャンパーが愛用するロングセラー製品で、ショッピングサイトのレビューでも高い評価を得ています。

4人程度ならノーマルサイズでOK。

グループでの利用ならラージサイズもオススメです。大きな塊肉も豪快に焼くことが出来ますよ。

コメント

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。