「スノーピーク アメニティドームS」のインナーマットに選んだのはコレ!

シェアして頂けるとブログ更新のヤル気につながります

彼女と2人でキャンプデートを楽しんだり、夫婦2人きりでデュオキャンプをするときに、テントのサイズ選びに迷っていませんか?

僕は「スノーピーク アメニティドーム M」を使っていますが、Sサイズを追加購入したので、現在はキャンプスタイルによってアメニティドームをMサイズとSサイズで使い分けています。

そこで今回はアメニティドームSのインナーマットについて記事にしたいと思います。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

スノーピーク アメニティドームS

僕はもともと「アメニティドーム M」を愛用しています。しかし、ソロテントを追加購入することになり、2人での使用も可能な「アメニティドームS」(通称アメドS)を選びました。

しかし、実際に所有してわかったことは、「アメニティドームS」は基本的にソロテントだということ。160cm×220cmのフロアサイズで2人でも寝ることが出来ますが、あくまでも寝るだけです。2人で横になると荷物を置けるスペースが無いんです。

2人でアメニティドームSを使用する場合は、テント内スペースは寝るだけのダブルベッドと同じと考えましょう。実際ダブルベッドとほぼ同じサイズです。そして、荷物は横付けした車の中に置くことで問題解決できますよ。オートサイト限定になりますけどね。

アメニティドームS マットシートセット

[アメニティドームS フロアマット]
○ 材質:表生地/68DポリエステルタフタPU加工、中芯/発泡ウレタン5mm、裏生地/68DポリエステルタフタP U 加工
○ 収納サイズ:76×5×55(h)cm
○ 重量:0.9kg

[アメニティドームS フロアシート]
○ 材質:75Dポリエステルタフタ、PUコーティング、耐水圧1,800mmミニマム
○ 収納サイズ:39×16cm
○ 重量:0.26kg

スノーピーク純正で販売しているインナーマットとグランドシートのセット。しかし、ウレタンマットで税別14,800円は少し高いような気もします。どうしても純正品がいいという方以外はオススメできません。

コールマン キャンパーインフレーターマット/Wセット

  • 使用時サイズ:約195×63×4(h)cm/1枚
  • 収納時サイズ:約ø17×68cm
  • 総重量:約3kg
  • 材質:ポリエステル、ポリウレタンフォーム
  • 付属品:収納ケース

厚さ4cmでクッション性抜群のマット2枚組セット。

2枚を連結してダブルとして使用しても、シングルとしても使用可能。2枚重ねるとさらに快適な寝心地になります。空気を入れるときに簡易ポンプになる収納ケース付き。

キャプテンスタッグ EVAフォームマット ダブル

  • サイズ: (約)幅140×長さ217×厚さ1.5cm
  • 収納サイズ: (約)70×13×39cm
  • 重量: (約)760g
  • 材質: 発泡ポリエチレン、EVA樹脂
  • 付属品: 収納袋

優れた保温性とクッション性で地面の凸凹や冷気をシャットアウトして、快適に寝ることができます。折りたたむだけなので、後片付けもラクラクなのがいいですね。

140×217cmの幅広サイズで2人用マットとしても、半分に折りたたんでパーソナル用として使用できます。半分に折りたたむことでマットが厚くなりさらに寝心地アップ。

ヘッド部を折りたたむことで枕になるんですよ。

私が選んだのはこれ

テントフロア全面をカバーするインナーマットとして「キャプテンスタッグ EVAフォームマット ダブル」をえらびました。4,000円程度で購入できるのでコストパフォーマンスは他の選択肢がありえないほど素晴らしい

グランドシートは純正のアメニティドームS用グランドシートを使っていますが、現在は単品では売っていないみたいですね。

私の場合、サイズがピッタリな「グラバー オールウェザーブランケット」で代用します。

使用人数を考え購入したテントとタープはこれ!ソロから3人キャンプまで対応可能
去年の秋にソロテントを購入しました。これで2つのテントと1つのヘキサタープを所有していることになります。 これまでの購入理由や...