▶Amazonで怪しい業者や中華商品を除外する方法

【ズレや痛みを防止】メガネやサングラスに貼るシールタイプのノーズパッド「セルシール」はシリコン製でカンタンに軽減対策

メガネやサングラスがフィットしなくて困っている方も多いのではないでしょうか。

ボクもそんな一人。鼻が低くてズレてしまうことがよくあります。先日メガネ屋さんにサングラスのフィッティング調整をしてもらいにいったところ、貼るタイプの鼻パッドを教えてもらいました。

普段メガネを使わないボクにとっては目からウロコ。使ってみてビックリ。

サングラスがズレて困っていたり、鼻に跡が残って赤くなるのを防ぎたい場合にも使えます。

目次

セルシール

セルフレームのメガネやサングラスがズレるのが悩みでした。でも、自分でできる解決方法があったんです。

貼るシールタイプの鼻盛りで、鼻幅を狭くしたり、高さを出したりずれ防止に最適。やわらかいシリコン製なのでフレームが当たっているところが痛いとか、跡が残って困るってときにも使えます。

サイズについて

出典:Amazon
セルシール U

サイズは厚さにより4サイズあります

長さはどのサイズもすべて19mm

S:1.3mm

M:1.8mm

L:2.5mm

LL:3.0mm

セルシールのサイズを選ぶ時は、フレームが鼻にあたる痛みを和らげる目的なのか、鼻が低くてフレームをフィットさせるために高さを出したいのかで選びます。

「フレームが鼻にしっかりのってるけど痛い」とかならSサイズ or Mサイズ

「レンズにまつ毛が当たる」や「頬にフレームが当たる」とかならLサイズ or LLサイズでいいでしょう。

女性や子供用に長さ15mmと小さなフレーム用「セルシール M(ミニ)」もあります。

セルシールの貼り方動画

YouTubeにて、「メガネショップアイ尼崎店 眼鏡屋」さんがセルシールの貼り方動画をアップされています。

貼り付ける前に、フレームの油汚れをきれいにしましょう。

メガネがズレる悩みにはこれも有効

ちなみに、スポーツなどの激しい運動でもズレずにぴったりフィットさせたいときには、耳の後ろでしっかり眼鏡をロックするシリコン製の「メガロック」がおすすめ。

耳の形に沿うような形状は、耳が痛くなるのを防いでくれます。

サイズは、M(ミニ)・V・Fと3種類。

メガネの素材的に耳の後ろが曲げられないとか、耳のかかりをきつくすると痛いし、でもゆるくするとズレる場合は一度試してみる価値がありますね。

レイバン ジャッキー・オーにLサイズを装着

レイバンのサングラス「ジャッキーオー」にセルシールUのLサイズを装着しています。

大手メガネ店にフィッティング調整しに行ったとき、店員さんにオススメされて装着しました。もっと早くに使えばよかったとビックリ。

サングラスをかけていて、周りから見ても違和感ナシ。気づかれることはありません。

まつ毛がレンズに少し当たるのが気になっていたのですが、セルシールのおかげで解消されました。

レイバン ウェイファーラーにはMサイズ

フィッティング調整しても少しズレが気になっていた「レイバン ウェイファーラー RB2140F」にはMサイズを装着。

最後に

ネットで購入したサングラスでもメガネ店でフィッティング調整してもらうのがイチバン。それでもズレたり痛かったら、このセルシールを試してみてください。

わずか400円程度(Amazon)で、お気に入りサングラスの不満点が解決されました。

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる