▶Amazonで怪しい業者や中華商品を除外する方法

【レイバン ウェイファーラー】ライトグレーのレンズは色が薄くて万能!どんなカラーコーデにもぴったりのサングラス

王道中の王道。キング・オブ・サングラスといえば、レイバンのウェイファーラー。

レンズの色が濃いというイメージがあるレイバンですが、最近のトレンドである色の薄いライトカラーレンズのモデルが増えてきています。

ブルーグレーを愛用していたのですが、追加でライトグレーも購入したのでブログ記事にさせていただきました。

目次

レイバン ウェイファーラー RB2140F 601/R5

“世界最高級サングラス”の称号を欲しいままにしてきたRayBan/レイバン。その中でも不朽の名作とも言うべきWayfarer/ウェイファーラーに待望のカラーをみつけました。

レンズカラーは、どんなカラーにも合わせやすいライトグレー。

色違いのブルーグレー(901/64)を愛用中

色の濃いレンズが多いレイバンですが、定番のウェイファーラーでレンズの色が薄いモデルなので非常につけやすくてお気に入り。ブルー系でクールな印象になります。

ライトグレーも購入した理由

上:ブルーグレー 下:ライトグレー

薄い色のレンズでお気に入りの「ブルーグレー」を所有しているのに、なぜ同じようなカラーのライトグレーを購入したのか。

この理由は2つ。

以前にウェイファーラーで選べたライトカラーレンズは、ブルーグレーとイエローの2タイプでした。このときは迷わずブルーグレーを選択。

今回ネットをみていると、ブルーグレーよりもコーディネートしやすい万能なライトグレーが新色として追加されていたのを発見。使いやすいカラーなので即決でしたね。

そしてもうひとつは、可視光線透過率

可視光線透過率とは、レンズがどの程度の光を通すのか、その割合を数値化したもの。可視光線透過率は0~100%の数値で表され、透過率が低ければ低いほど光をカットし、逆に高くなれば光を通します。

極端にいうなら、0%は光がまったく入らない真っ暗な状態で、100%は光をそのまま通すため裸眼と変わらない状態。

可視光線透過率

ブルーグレー 54.8%

ライトグレー 49%

可視光線透過率が低いライトグレーのほうが、ブルーグレーと比較すると少し暗めのレンズなんです。この少し暗めのレンズカラーもポイントでした。

最初の1本に最適

サングラスの王道である「レイバン ウェイファーラー」。

レイバンのサングラスは欲しいけど、レンズの色が黒すぎてイマイチ使いにくい。ってイメージがある方も多いはず。

敬遠していた方こそ、使いやすい薄めの万能カラーであるライトグレーを試してほしい。

最後に

レイバンの最もアイコニックで人気のあるウェイファーラー。レンズカラーは万能なライトグレー(RB2140F 601/R5 52-22)がいろいろなコーデに最も使いやすい。

トップスがモノトーンでも、赤やカーキでも、どんなカラーにも合わせられますよ。

ネットで購入した場合、近くのメガネ店でフィッティング調整してもらうとイイですよ。ほとんどのお店で無料で調整していただけます。

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる