【SOTO レギュレーターストーブ FUSION(フュージョン)ST-330】シリコンチューブをゴトクに装着して火傷防止と滑り止め対策

スポンサーリンク

SOTOから発売されている分離型ストーブ「レギュレーターストーブ FUSION(フュージョン)ST-330」は、マイクロレギュレーターを搭載しており、連続使用時や低温時でも安定した火力を発揮できます。

詳しいレビューや商品説明は記事「【SOTO レギュレーターストーブ FUSION(フュージョン)ST-330】分離型カセットボンベ式シングルバーナーの決定版」をご覧ください。

バーナーの素晴らしい点については上の記事をご覧いただけると嬉しく思います。

しかし、実際に使ってみて感じたのですが、改善できそうなマイナス点が2つありました。

スポンサーリンク

滑りやすい

テーブルと接するゴトク(脚)の部分は、滑り止め対策がまったくされていません。

そのまま無加工のステンレスなので、天板がツルツルのテーブルだと、少しの傾斜でもバーナー本体が滑って危険だと感じました。

火傷防止

使用中や使用直後にバーナーの位置を少し移動させようにも、バーナー本体は過熱され手で持つことができません。

火傷防止のための対策が必要ですね。

「レギュレーターストーブ ST-310」でもカスタム済み

「レギュレーターストーブ ST-310」の脚(ゴトク)にシリコンチューブを装着するカスタムは、もはやスタンダードになっていますね。購入当初からすでにカスタム済みです。

新しく手に入れた「SOTO レギュレーターストーブ FUSION(フュージョン)ST-330」でも、滑り止めと火傷防止の2つの対策としてシリコンチュ-ブを装着させることにしましょう。

シリコンチューブを購入

Amazonで内径4ミリのシリコンチューブを購入(耐熱温度は200度)。長さは1メートルでしたよ。

10センチでカット

シリコンチューブを10センチにカットして、脚の数と同じく4本用意します。(ちなみに、

滑りやすいように洗剤や油などを使って、ゴトクにシリコンチューブを装着する方が多いですね。

ゴトクにシリコンチューブを装着

ワタシはKURE 5-56を使ってシリコンチューブをゴトクに装着しました。サビ止め効果のある潤滑剤なので、錆びる心配がありません。

実際に装着してみて、シリコンチューブは10センチでジャストサイズでしたね

最後に

「レギュレーターストーブ ST-310」で定番のシリコンチューブカスタムは、「レギュレーターストーブ FUSION(フュージョン)ST-330」でも有効な安全対策ですね。

シリコンチューブの内径は同じく4ミリ。

グリップが効いてテーブルの上での安定感がバツグン。バーナーの使用は安全第一でお願いします。

コメント

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。