「アディダス スーパースター 80s」のシューレースって長すぎない?ジャストサイズに交換したよ

スポンサーリンク

白いレザースニーカーは、一足は持っておきたいアイテムですよね。

長年、履きつぶしては買い直している「アディダス スーパースター」。現在愛用しているのは、「アディダス オリジナルス スーパースター 80s」です。

2018年10月に購入してから現在まで純正のままでしたが、やっと靴紐を短いモノに交換したので記事にしてみます。

スポンサーリンク

アディダス オリジナルス スーパースター 80s

アディダスの中でも定番といえばこのスーパースター。幅広い層から支持を受け、愛され続けている名作モデル。こちらのモデルは、80年代に製造されたフランス製モデルを忠実に再現したヴィンテージモデル。

80sモデルって通常も出ると何が違うのか?

最もわかりやすい違いは、つま先のシェルやソールがクリーム色っぽいオフホワイトであること。これによって、まるでヴィンテージのような風合いが醸し出されていますね。

80sを選んだもうひとつの大きな理由としては、フォルムが全体的に細目の造りということもポイント。

シューレースが長い

スニーカーを新しく購入してよくある困った問題が、靴紐が長すぎることだ。付属している靴紐の長さは130センチ。

26.0センチで7穴のマイシューズ。一般的に穴数が6~7だと靴紐サイズは120センチと言われています。

アクティカ シューレース 120cm

アクティカのシューレース(120センチ)を購入。

スニーカーに最適な平紐タイプの靴ひもで、しっかり編みこまれていて高品質です。

シューレースを交換してみた

早速、靴紐を交換してみたところジャストサイズ。

一番上の穴に紐を通さない方は110センチでもいいと思います。

靴ひもサイズの目安

スニーカーの穴数による靴紐サイズの目安ですが、

  • 2~3穴 55センチ
  • 3~4穴 65センチ
  • 4~5穴 75センチ
  • 5~6穴 90~110センチ
  • 6~7穴 120センチ
  • 8~9穴 150センチ

となっています。

コメント

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。