【焚き火台】地面へのダメージ対策にステンレストレーを下に敷くべし!芝サイトでも安心です

スポンサーリンク

キャンプの醍醐味は焚き火だっていうキャンパーの方は多いと思います。ボクもそんな焚き火キャンパーの一人。

皆さんは焚き火をするときには、もちろん焚き火台を使っていると思います。でも、焚き火台っていろいろな形状のものがありますよね。その中でも、メッシュタイプのものや、地面までの高さが低いものなどは、地面へのダメージが心配になります。

ボクの愛用している焚き火台のひとつ「武田コーポレーション ウルトラコンパクトグリル」は地面までの高さが低いので、芝へのダメージ対策としてステンレストレーを下に敷くことにしました。

スポンサーリンク

武田コーポレーション ウルトラコンパクトグリル

1~2人でちょうどいい焚き火台 「武田コーポレーション ウルトラコンパクトグリル」 は、ボクにとって理想に近い焚き火台です。詳細はレビュー記事でどうぞ。

たったひとつの問題点

そんなお気に入りの 「武田コーポレーション ウルトラコンパクトグリル」 ですが、たったひとつだけ問題点があります。

それは、地面までの高さが低いこと

地面からの高さがわずか4.5センチしかありません。これでは、地面へのダメージが心配になりますよね。

ダイソー ステンレストレー浅型 35×26cm

「武田コーポレーション ウルトラコンパクトグリル」の使用時サイズは、幅30×奥行21×高さ15センチ。これを乗せることができる大きさのステンレストレーが欲しいですね。

ダイソーでちょうどいいサイズのステンレストレーを探してみると、「ダイソー ステンレストレー浅型 35×26cm」がイイかんじ。150円なのがちょっと残念ですが。

(値札シールはカンタンに剥がれます。)

外径:35cm×26cm

内径:32cm×23cm

重さ:213g

材質:ステンレススチール

トレーに焚き火台を乗せてみたらジャストフィットだった

実際に、焚き火台をステンレストレーに乗せてみました。専用かと思うほど見事にジャストフィット。

これで、地面へのダメージを気にせず焚き火を楽しめます。芝生サイトでもバッチリですね。

最後に

メッシュタイプなどの火の粉が隙間から落ちる焚き火台や、高さが低く地面へのダメージがある焚き火台を使用する場合は、必ず地面へのダメージ対策はしなければなりません。

芝生が焦げているサイトがたまにありますが、とっても悲しくなりますよね。

1~2人でちょうどいい焚き火台 「武田コーポレーション ウルトラコンパクトグリル」を芝生サイトで使うときには、必ずステンレストレーを下に敷いてから使います。ダメージ対策はバッチリ。

皆様はいかがですか?

コメント

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。