【愛用しているキャンプ道具リストまとめ】これから道具をそろえる初心者さんの参考になればいいな

キャンプ道具
スポンサーリンク

 

キャンプを趣味にしていると、道具がどんどん増えてきませんか?

自分で所有するキャンプ道具を把握するためにも、現在のキャンプ装備をリスト化させてみました。なるべく道具を増やし過ぎないように気をつけていましたが、今では使っていない道具もあります。

これからも無駄なものを購入しないように自分の物欲をコントロールするため、そして、これからキャンプを始めようと考えていらっしゃる初心者の方の参考になればうれしく思います。

 

キャンプ道具のジャンルわけはAmazonを参考にしました。

 

 

 

スポンサーリンク

テント・タープ

 

 

  • テント
  • タープ
  • テントアクセサリー

 

ソロ~3人でのキャンプを考えて選んでいます。

キャンプ道具を積み込んだコンパクトカーに乗れる人数が3人なんですよね。大人3人を上限と考えて、テントやタープの大きさを決めました。

 

使用人数を考えて購入したテントとタープはこれ!ソロから3人キャンプまで対応可能
去年の秋にソロテントを購入しました。これで2つのテントと1つのヘキサタープを所有していることになります。 これまでの購入理由や履歴を振り返りながら、実際に使用して感じたことや適応人数を書いていきたいと思います。あくまでも車を移動手段と...
「アメニティドームS」前室パネル用ポール追加でタープ不要
経営するBARのお客様や友人達とキャンプやバーベキューを楽しんでいます。 テントは「スノーピーク アメニティドーム」と「スノーピーク アメニティドームS」を所有しており、キャンプ予定に応じて使い分けしている。 今...
「スノーピーク アメニティドームS」のインナーマットに選んだのはコレ!
彼女と2人でキャンプデートを楽しんだり、夫婦2人きりでデュオキャンプをするときに、テントのサイズ選びに迷っていませんか? 僕は「スノーピーク アメニティドーム M」を使っていますが、Sサイズを追加購入したので、現在はキャンプスタイ...
【ソロ~2人用タープ】DDタープ3×3を購入したのでペグとロープを交換してみた
ソロや2人でのキャンプに最適なサイズの小型タープを購入しました。 いろいろなタープを比べて選んだのは「DDタープ 3×3」。3メートル四方で2人でも快適に使えるサイズで、なおかつソロキャンプでも大きすぎない絶妙なサイズなのがポイン...

 

寝袋・マット

 

 

  • シュラフ
  • マット
  • 圧縮バッグ

 

冬にキャンプしないので、春~秋の3シーズン対応のシュラフを使っています。以前使っていた封筒型シュラフはゲスト用になりました。

 

寝心地と防寒が大切!選んだ快適なシュラフとマットとは?
寒さ対策にはマットとシュラフが大切です。マットにはいろいろな種類があって、比較してどれを選べばいいのか悩んでいる方も多いはず。私も初めはそうでした。 道具をそろえてオートキャンプを始めようとしている初心者の方や、銀マットやペラ...
「スノーピーク アメニティドームS」のインナーマットに選んだのはコレ!
彼女と2人でキャンプデートを楽しんだり、夫婦2人きりでデュオキャンプをするときに、テントのサイズ選びに迷っていませんか? 僕は「スノーピーク アメニティドーム M」を使っていますが、Sサイズを追加購入したので、現在はキャンプスタイ...

 

 

バーナー・バーベキューコンロ・焚き火台

 

  • シングルバーナー
  • バーベキューコンロ・焚き火台
  • トーチ・火起こし
  • コンロアクセサリー

 

30人でのバーベキューを主催したことがあるので、持っているバーベキューコンロ・焚き火台でいつでも開催することが出来ますよ。

 

一体型と分離型のカセットガス式シングルバーナー
キャンプには2台のシングルバーナーを持っていきます。「SOTO レギュレーターストーブ ST-310」と「SOTO シングルバーナー ST-301」である。燃料コストが安くコンビニでも買うことが出来るカセットガスを使用するシングルバ...
コンパクトになる折りたたみ式バーベキューコンロは「焚き火台」がおすすめ
お花見やキャンプや海水浴などアウトドアでバーベキューが楽しい季節になりました。今からバーベキューコンロを購入しようと考えている方も多いのではないでしょうか。初めてバーベキューグリルを買う前に、持ち運びや収納のことも考えなければなりま...
ユニフレームの焚き火台「ファイアグリル」2サイズを重ねて比較!オススメ人数は?
コストパフォーマンスが高く、高評価で評判の焚き火台「ユニフレームファイアグリル」。 通常サイズとラージサイズの2種類とも所有しています。実際に使っているからこそ、ちょうどいい使用人数など比較してみました。 サイズで悩んでいる...
2~3人でバーベキュー!A4サイズの「尾上 フォールディングBBQコンロ」がおすすめ
ずっとユニフレームの焚き火台「ファイアグリル」でバーベキューや焚き火をしていましたが、2人でキャンプに行くことになって一回り小さなバーベキューコンロを探したんです。 そこでA4サイズの折りたたみ式バーベキューコンロである「尾上 フ...

 

 

クッキング用品

 

 

  • クッカー
  • クッキング・BBQツール
  • 食器・カトラリー
  • 燻製・スモーカー用品

 

クッカーは人数に合わせて3種類もってます。

1人用のソロクッカーは食器としても使えるので、ファミリーキャンパーの方も持っていると便利ですよ。浅型タイプがおすすめです。

 

キャンプの必需品であるソロクッカーの選び方~ソロキャンプだけではない~
ソロキャンプの時に調理する鍋やフライパンのセットをソロクッカーと呼びます。1人でキャンプの際には鍋で調理しそのまま食べますので、調理道具であり食器でもあります。 ファミリーキャンプやグループキャンプをしている方は、大きいクッカ...
ユニフレーム山クッカーMと山フライパンはセットで購入してしまうよね
愛用するソロクッカーに付属するフライパンに不満があったので、新しくフライパンを購入しました。フライパンだけのつもりが、クッカーセットまで追加購入してしまったので記事にしてみたいと思います。 同じように新しくフライパンを購入しよ...
ユニフレームのクッカー「fan5duo」の収納ケースとして選んだのはコレ!
私がキャンプで愛用する「ユニフレーム fan5duo」は3.4人までのキャンプに最適なクッカーです。このクッカーがダメになっても、再び同じものを買い直すことは間違いありません。 「ユニフレーム fan5duo」にはメッ...
キャンプ用食器はシェラカップとプラスチック製のお皿がシンプルでおすすめ
キャンプ用の食器セットをどれにしようか悩んでいませんか? スプーン・フォークやマグカップなど余分な付属品があったり、カラフルすぎて子供のままごとセットみたいだったり、ホーロー製やステンレス製は重たくてイヤですよね。 それなら...
シングルと比較して「スノーピーク チタンダブルマグ300」を選んだ理由
キャンプにマグカップは必須です。ビールは缶のまま直接飲めますが、ウイスキー好きな私は氷を入れてロックスタイルで飲むためにマグカップが必要なのです。 スノーピークのチタンマグを愛用しています。 口に入れるものはチタン製...

 

 

テーブル・チェア

 

 

  • テーブル
  • チェア

 

大きなテーブル1台よりも、コンパクトなテーブルを複数台使うほうが便利。焚き火を囲んだり、川原のそばに移動したり。

チェアに座って寝てしまう方は、安定感のあるイスを選びましょう。そして、ハイバック仕様だと気持ちよく寝ることが出来るのでオススメです。

 

実際に使ってみてわかった!キャンプでオススメのテーブル
初めてキャンプ道具を購入するとき、テーブル選びに困っていませんか? 実際にキャンプ場で使ってみないと、使いやすいか不満が無いかわかりにくい物です。そこで、私がキャンプの時に使用しているテーブルを紹介と使った感想をまとめてみたいと思いま...
「キャプテンスタッグ トレッカー ジュラルミンロールテーブル」は万能テーブルだった
車を横付け出来るオートキャンプ場は荷物の持ち運びが少なくてラクですよね。 最近はオートキャンプ場を利用するよりも、徒歩で荷物を運ばなければならないフリーサイトでキャンプをすることが多いです。雰囲気もいいですし、正直お財布にもや...
コールマンのバンブーサイドテーブルは耐荷重80キロ!高さ40センチで万能すぎる
キャンプ用のテーブルで悩んだことはありませんか? もしも4人でキャンプに行くなら、4人で使用するサイズの大きなテーブルを考えますよね。私も最初は大きなロールテーブルを購入しましたが、今ではほとんど使っていないんです。 キャンプを...
【焚き火に最適】コットンキャンバス生地のハイバックチェア7モデルまとめ
アウトドア用折りたたみチェアの多くは、座面にポリエステル生地をつかっています。 キャンプでの楽しみの一つが「焚き火」。焚き火をしながらのんびり過ごすというキャンパーの方も多いと思います。 焚き火の近くでは火の粉に注意が必要で...
焚火も安心のハイバックローチェア「ビジョンピークス キャンバスリラックスチェア」
どんな目的でキャンプに行っていますか? 私は焚き火を眺めながらリラックスしてお酒を飲むために、アウトドア道具を車に詰め込みキャンプに行っています。 キャンプ場に到着してまずはイスを設置し、ビールで乾杯。一息ついたら、テントやタープを...
軽量コンパクトなアウトドアチェア「ヘリノックス タクティカルチェア」
キャンプ時のイスはビジョンピークスのキャンバスリラックスチェアを愛用している。首に優しいハイバック仕様で、焚き火に強いキャンバス地でお気に入りの椅子である。 唯一の難点が重量3.3kgで収納時全長112cmという大きさだ。車でキャ...

 

 

ボトル・クーラーボックス

 

 

  • ボトル
  • クーラーボックス
  • 保冷剤

 

大きすぎるクーラーボックスは持ち運びに大変。40リットルが1人で気軽に扱える限度だと思います。それ以上大きなサイズは2人で持ち運ぶことになるでしょう。

ホイール付きだと移動がラクラクで、キャリーカートを買い足す手間が省けます。

 

20~30リットルサイズを2台というのもアリ。

 

キャンプやバーベキューで液体の調味料は漏れないナルゲンボトルに入れ換えるべき
現在、キャンプ用の調味料を整理しています。 塩コショウなど粉状の調味料は、そのままの容器でも100均のボトルに移し変えてもいいですね。 ただし、液漏れの心配がある油や醤油など液体の調味料は、密閉性の高い容器に移し替えたほうが安心...
タイヤ付きクーラーボックスは持ちやすさと保冷力が大事!イグルーで間違いなし
お花見の季節がやってきましたね。食べ物とビールを持って桜の下で楽しむことが「春のイベント」の王道ではないでしょうか。 お花見に限らず、バーベキューやキャンプ、さらには運動会でも大活躍するのが、食材や飲み物を冷やす「クーラーボッ...

 

 

ライト・ランタン

 

 

  • ヘッドライト
  • ハンディライト
  • ランタン
  • ランタン用アクセサリー

 

ガソリンやガスを使うランタンもありますが、乾電池式のランタンが主流になっています。

ファミリーキャンプの場合、メインランタン・テーブル用・テント用の3つのLEDランタンがあれば大丈夫。

 

LEDランタンやヘッドライトは変換スペーサーで単3乾電池に統一
キャンプ場の夜は明かりなんてもちろんありません。自分達で明かりを作り出すランタンを持参しなければならないのです。 ランタンと言っても、ガソリンやガスはどの燃料を使う物もありますが、使いやすいのは圧倒的に乾電池を使用するLEDラ...

 

 

フィールドギア

 

 

  • ナイフ・マルチツール
  • オイルライター

 

ここは趣味の世界。お好きなものをご自由に。

 

キャンプにナイフは必ずしも必要ないが男のロマンである
ファミリーや仲間で集まってバーベキューをすることが多い。 30人集まるバーベキューの道具を1人で所有するので、包丁とまな板のセットが5つ持ってるんですよね。調理に使うのはもちろん包丁。ナイフを持っていっても、カバンの中から出すこと...
マルチツールはレザーマンWAVE(ウェーブ)がオススメ!他6モデルとの比較まとめ
キャンプに必ず持参するマルチツールは定番の「レザーマン ウェーブ」を愛用しています。持っていて安心できるアイテムですよね。 これから、レザーマンのマルチツールを購入しようとしている方の参考になればと思い、最も使いやすいフルサイ...
カセットボンベから充填できる「伸びるターボライター」が便利
COPDという病気になって今は禁煙してしまったのですが、以前は1日に2箱以上タバコを吸っていた元ヘビースモーカーです。多いときは赤マルボロを3箱も吸っていたのでチェーンスモーカーと呼んだほうが正しいかもしれません。 喫煙者だっ...

 

 

終わりに

 

ソロ~3人でのキャンプを考えてを選んでいます。

定番アイテムが多くなっていますが、定番になるということはそれだけ評価が高く人気があるということ。いいものだからこそ定番になっています。

 

【初心者向け】キャンプ道具は日帰りデイキャンプ装備から購入すべき理由
35度を超える猛暑も終わりを迎え、過ごしやすいキャンプシーズンになってきました。 この季節にキャンプを始めてみようと思ったあなたは、キャンプにのめり込むこと間違い無しですよ。でもね、ちょっと待って下さい。 キャンプに興味を持...
ソロキャンプ装備!ソロキャンパー3人でのキャンプに持っていったアイテム全て公開
先日、ソロテントなどソロキャンプ道具一式を所有している友人2人とキャンプに行ってきました。 グループキャンプばかりしている私は、大きなテントしか所有しておらず今回のために新たにソロテントを購入したのです。これでいつでもソロキャ...
初めてのキャンプ!キャンプ初心者向けコスパ重視おすすめソロ用装備
先日、BARのお客様とキャンプの話になりました。その方は、「キャンプに興味があって行ってみたい」「道具を全く持っていないので、キャンプを始めるにはお金が掛かるだろう」こんな意見でした。そのような方のために、コスパ重視でソロキャンプ装...

 

 

 

コメント

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。